エアブラシ

2011年10月10日 (月)

これもエアブラシです。

弊店にはエアブラシメーカー「アネスト岩田」さんのご協力で試用ハンドピースの貸与を受けています。
平吹き用のエアブラシ「HP-TP」もその一つとして常備しており、一般的な丸吹き用との違いを知るためにも私も何度か使ってみています。

0.5mm口径で平吹きのこのハンドピースは、大きい面を均一に塗りつぶすのに特化したエアブラシで、丸吹きに比べはるかに効率的に塗装ができる、素晴らしく便利なツールです。

ただ、気になる点もいくつかありましたので、今回無理を言って、以前から気になっていた新製品を貸して頂けることになりました。私はこのHP-THとの交換をお願いしたのですが、新たに貸していただけることになり、なんとも恐縮しております。

Img_4740a
それがこちら。「エクリプスG3」です。
見た目はスプレーガンそのままですが、これでもれっきとしたエアブラシなんです。

同社の低圧スプレーガンのボディを利用し、エアブラシと同等の圧力(1.0~1.5Mpa)でも微粒子での噴霧を可能にしています。
口径は0.3mm、0.5mm、0.6mmがありますが、やはり模型用ですのでもっとも小口径の0.3mmに興味がありました。

Img_4742a
HP-THと大きさを比べるとこのとおり。
見るからに大きいですね。模型用には大げさすぎる気がするほどです。







Img_4743
重量を測ります。
HP-THは200グラム弱です。








Img_4744
G3は300グラム弱で、ちょうど5割増し。重いです。









Img_4746a
ところが、実際に持ってみると、不思議なことにG3のほうが明らかに軽く感じます。測ってみて逆の結果に驚いたくらいです。
手のひらでしっかり握り込めるのと、重量バランスのせいではないかと思います。よく見れば、大きいのは塗料カップだけで、本体は大して変わらないことに気付くでしょう。






Img_4748a
ニードル形状を比較すると、両者の性格の違いは明らかです。
上のHP-THに比べてG3は明らかにテーパー部が短く、角度が急です。つまり、トリガーを少し引いただけで大きく開いてしまいますので、繊細な吹き幅調整はできません。





Img_4758a
HP-THのキャップ先端はこのような形状になっています。
外のツノ状の部分に小さい穴が開いています。ここから空気が内向きに噴射され、元々丸吹きの噴霧を横から潰して縦に広げるわけです。これが平吹きの理屈です。






Img_4756a
G3も構造は同じです。
ただ、G3はこのツノからの空気量をダイヤルで調整してパターン幅を調節することが可能です。いっぱいまで絞れば丸吹きになります。
HP-THは、平吹きのパターン幅は固定式で、キャップを替えることで丸吹きにできます。

どうです、オモシロイでしょ?
次回は、実際に吹いてみた感想について紹介します。このG3が模型用に使えるといいんですが、やってみないと分かりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 4日 (木)

クレオス 水性ホビーカラー

サボイアの基本色塗装が終わりました。塗料はクレオスの水性ホビーカラーで、船底はH27ライトブラウン(タン)、艇体の赤はH86モンザレッドを使ってみました。
Img_3530a
クリアコートはまだですが、先日塗った別のサボイアで使ったクレオスのラッカー系より「ゆず肌」が少なく、明らかに表面は滑らかです。
志の低い私ごときにとっては、十分なツヤ具合です。

ただ、問題点を挙げるとすると、専用溶剤で希釈する際、薄めすぎると食い付きが悪くなり、はじかれて流れてしまうことでしょうか。もしそうなってしまったら、慌てずラッカー溶剤を1滴混ぜて吹いてやるとその場はしのげます。
その後、塗料をカップから出して、濃くしてやればよいです。

また、カップや塗料皿の中の塗料を見ると、ラッカー系は溶剤が飛んでいくと全体に粘度が増してくるのに対し、水性アクリルは表面から乾いていくので、乾き始めた部分が膜を張ったようになるようです。つまり、表面だけ乾いて中が生乾きの、いわゆる「中膿み」状態になりやすいので、表面を触って乾いたと判断し、うかつに持つと指紋が付いたりします。実際、先に塗ったタンにマスキングテープを貼ったのですが、はがしたらすっかり表面がガサガサになってしまってました(逆にしないでよかった…)。
水性アクリルの完全乾燥は想像以上に遅めですので、それだけは注意が必要ですね。
それ以外は、たいへん使いやすい塗料ではないかと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 3日 (水)

アネスト岩田HPプラス <HP-BP>

先日、アネスト岩田のエアブラシ「HPプラス」を使ってみた感想をアップしました。

Img_3513a
この時はノズル口径0.3ミリの「HP-CP」を使いましたが、もう1丁のデモ機である、0.2ミリ口径の「HP-BP」も使ってみることにしました。

サンプルは、テレビ取材のため予行で作った「サボイア前期型」です。
ただ、今回は塗料としてクレオスの「水性ホビーカラー」を使ってみたいと思います。この塗料、ベテランモデラーさんから「以前の商品は使いものにならなかったので、今も使う気にならない」という感じで評判がすこぶる悪く、弊店でも未だに1本の売り上げもありません。
そこで、あまのじゃくな私としては、それを確かめたいという気持ちもありまして(もちろん、売れてくれないと困りますしね)、今回ダブルテストをしてみることにしました。

HP-CPを使った時もその噴霧の滑らかさに驚きましたが、今回さらに驚かされたのは、極低圧でも大変微粒子の噴霧ができることです。前回は気付かなかっただけで、HP-CPでも同様なのかもしれませんが、これは私の愛機「エクリプス」とはまったく異なります。
Img_3502a
普段はレギュレータで0.2Mpa(いわゆる2キロ)ぐらいに減圧し、エアコントロールジョイント(ACJ)のダイヤルで流量を半分ぐらいにして吹いていますが、今回レギュレータでここ(ボタンを押してエアを出している状態です)まで減圧し、ACJは全開で吹いてみました。

この圧ですと、エクリプスでは荒い砂目吹きになってしまいますが、HP-BPですと普通に吹けてしまいます。また、細い線もキレイに描けます。風量が少ないため塗料の飛散が少なく、迷彩塗装にはかなり有効だろうという気がします。

私は個人的にモーレツに欲しくなってしまいましたよ、コレ。


それから、水性ホビーカラーについてですが、私は特に使いにくいとは思いません。エアブラシとの相性も、なんら問題ありません。むしろ、タミヤ・アクリルより扱いやすいと思います。

また。店内のPOPにも書いておきましたが、タミヤ・アクリルに比べ樹脂分が多い感じがします(これについては裏はとっていません。あくまで私見です)。そのせいか、ツヤあり色は、吹いただけで大変よいツヤが出ます。これには、ラッカーに比べ乾燥が遅いことも影響しているかもしれません。
皆さん、この塗料を敬遠しているためあまり気付いていらっしゃらないようですが、なぜかこの塗料はツヤ消し色がほとんどなく、ミリタリー色であってもツヤありか半ツヤなんですね。
それをうまく利用すれば、タミヤのようにガサつくこともなく、デカールのシルバリングの防止やあとのウォッシング技法などもやりやすいというメリットもあります。また、タミヤ・アクリルと混合できますので、お互いにない色を混ぜ合わせることで調色の幅も広がります。

特にアクリル派のモデラーさんは、一度試してみてはいかがでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月31日 (日)

エアブラシは難しい?

昨日はエアブラシの日でした。
「エアブラシを使ったことがないので教えてほしい」という方には、実際に体験していただき、また別の方から「エアブラシの調子が今一つで…」ということでお話をうかがっていると、そこへ「エアブラシのことで教えて」との電話が入り、そのお客さんも苦笑い。

雑誌の記事や上級者の方の「道具論」というのは、実は主観論がほとんどなんですね。これは、私の場合もやはりそうです。
ただ、いい加減なことは言いたくないので、できるだけ裏付けはとるようにしています。そのためにも、アネスト岩田のようなメーカーさんと付き合いをさせてもらっています。

私自身も、知らないことや思い違いをしていることはまだまだあるんだと思います。「正しい情報」を提供できるよう少しずつ勉強してまいりますので、今後ともよろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月28日 (木)

アネスト岩田HPプラス <HP-CP>

弊店では、エアブラシのハンドピースも取り扱っております。そのメイン商品が「アネスト岩田」製品で、ご購入を検討されるお客様のために、試し吹き用のサンプル品をご用意いたしております。すでにお客様には何度か試していただき、幸いにも大変ご好評をいただいております。

ですが、私自身はこの機種をちゃんと使ったことがないので、一度実際に塗装してみることにしました。
Img_3461a
使うのはこちらの「HP-CP」。模型用としてはもっとも一般的であろう、0.3ミリノズル・7ccカップ仕様です。
ちなみに、私が所有している「エクリプス」とカップ位置以外は同じです。

実験台は、先日のテレビ取材でレポーターさんが作ったサボイアで、これを塗装して届ける約束なのです。

使った塗料は、ミスターカラー「スーパーイタリアンレッド」とミスターカラーGX「スーパークリアー3」です。

結論から言って、私見ではありますがこのハンドピースは素晴らしいです。
「エクリプス」も相当イイので自信を持ってオススメしてきましたが、さらにその上をいく吹き心地です。
もっとも差を感じるのは、開け始めのレスポンスの良さと噴霧粒子の細かさです。
トリガーを引き始めた瞬間に色材が出始めるので、細吹きが驚くほどしやすいです。上位機種らしくニードルストッパーが装備されてはいますが、エアブラシに慣れた方なら特に必要性を感じないでしょう。

Img_3467a
クリアは先にエクリプスで吹いてみましたが、噴霧粒子の細かさの差は明らかで、吹いただけでツヤツヤです。
私のようなツヤ出し下手な塗り手でもコレですから、上手な方ならもっとうまくできることでしょう。

道具について、使ったこともないのにとやかく言う人がいますが、使ってみなければ絶対に分かりません。とにかく、ぜひ一度試してみていただきたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月 1日 (金)

アネスト岩田のエアブラシが到着しました。

弊店では、アネスト岩田のエアブラシ製品をメインに取り扱っております。

Img_3135a
今までは商品の在庫のみでしたが、本日試し吹き用のハンドピースが届きました。
これで、ご購入を検討されているかたに試し吹きをしていただくことができるようになりました。

今回届いたのは、店頭で展示しておりますHPプラスシリーズの「HP-BP(0.2ミリ ダブルアクション)」および「HP-CP(0.3ミリ ダブルアクション)」に加え、ハイラインシリーズの「HP-TH(0.5ミリ トリガーアクション)」の3丁です。こちらは店頭在庫はございませんので、悪しからず。
特に「HP-TH」は、平吹き用のノズルキャップが付いたタイプで、スプレーガンの要素を含んでいる変わり種のエアブラシです。

実は、丸吹きで広い面をムラなく均一に塗装するというのは大変難しく、本来細吹きを得意とするエアブラシの用途ではありません。そこで、スプレーガンの構造を応用したエアブラシがこの「HP-TH」です。
特にカーモデラーさんやビッグスケールの模型を作るユーザーさんには、ぜひ一度試していただきたいと思います。

Img_3137a
HPプラスの2丁は、繊細な塗装に適しています。
吹きつけ見本が付いていますが、特に「HP-BP」の細吹き性能は、私も試してみたいです。

Img_3138a
現在、弊店で試用していただけるエアブラシは、写真の5丁です。プラモの在庫は少ないですが、実際に試せるエアブラシがこれだけ揃うのはおそらく弊店ならではと自負しております。

なお、この試し吹きのサービスは、弊店でエアブラシをお買い求めくださるお客様にご納得の上お買い上げいただくための、弊店独自のサービスです。
したがいまして、言うまでもないことですが、他店でのご購入を前提とした試し吹きはご遠慮くださいますようお願いいたします。
ただし、「買う予定はないけど、エアブラシがどんなもんか、一度触ってみたい」という、いわゆる冷やかしは大歓迎です! どんどん触りに来てください。

| | コメント (0)

2010年6月27日 (日)

アネスト岩田のエアブラシ その3

最後に、いわゆる「ノーブランド品」にも少し触れておきます。

私は、一番最初にウェーブのコンプレッサーセットについていたものを使っていました。このハンドピースは模型用としては十分使用に耐えるものでしたが、もっと細吹きできるものが欲しくなって、クレオスの『プロコンBOY FWAプラチナ(ノズル口径0.2ミリ)』を買いました。

これは当時目新しかった「風量調節機構」が備わったモデルで、しかも待望の0.2ミリでしたので、道具好きの私は「これだ!!」と思って飛びついてしまいました。
その後コンプレッサーを今使っているものに買い換えたので、ウェーブのはコンプレッサーと一緒にヤフオクで処分して、しばらくはこれをメインで使っていました。
ただ、この新しいコンプレッサーにもまたハンドピースがついてきました。
Img_3116
それがこのハンドピースです。
まったくのノーブランド品で見るからに安っぽかったので、最初はまったく使う気になりませんでした。これもヤフオクで安く売り飛ばそうかと思ったものです。
ただ、カップが横付け式なのが気になって一度使ってみることにしました。そのおかげで横付け式がお気に入りになったのです。
それに、使用感も決して悪いものではなく、迷彩塗装も特に問題なくこなしてしまえるものでした。
また、「プラチナ」はとにかく重いのです。特に、例の風量調節機能が付いているため先のほうが重くて、前下がりになってくるんですね。
結局、せっかく買ったプラチナもあまり使わなくなり、このノーブランド品がメインに代わりました。

ところが、ある日急に詰まって吹けなくなり、それ以来細吹きに難が出るようになりました。
そこで新しく買ったのが、今の岩田のエクリプスなのです。では、この2本を比べるとどう違うのでしょうか。

Img_3139_2
まず重さです。エクリプスが121グラムで・・・




Img_3140
ノーブランド品は127グラムですから、数字ではわずかな差しかありません。
ところが、手に持ったときの感覚ではこちらのほうがズッシリと重く感じるのです。


Img_3148_4
また、横付け式はカップが本体中心線から離れた位置についているため、どうしてもこのように傾く(写真の向きで、軸を中心に時計回りに回ろうとする)方向に重さがかかります。これは横付け式の宿命で仕方のないことですが、このときに感じる重さ(傾こうとする力)もまったく違います。

Img_3154_2
エアバルブを揃えて並べると、先端までの長さがかなり異なります。エクリプスに比べてノーブランドのほうが長いので、そのため先が重く感じるのではないでしょうか。

このように、やはり道具としてはエクリプスに軍配が上がってしまいます。良いものは、性能面だけでなくこうした感覚的な面でもきちんと考えられているのかもしれません。

ところでこのノーブランド品ですが、最近目にした岩田の廉価品『MX2950』に外観が酷似しているのです。同じ外装部品で中身が違うのかどうかは分かりませんが、この価格帯でそこまでするとも思えず、もしかしたら同一製品かも知れません。
もしそうなら、価格は大変お値打ちですしメーカーサポートも受けられるでしょうから、とにかく安くてそこそこのものが欲しいとお考えの方には悪くない選択肢だとは思います。
エアブラシ(MX2950)エアブラシ(MX2950) 

さて、長々と続けてきたエアブラシの話は、一旦これでおしまいにします。すっかり手が止まってしまいましたので、早く模型作りを再開しないといけませんね。

| | コメント (0)

2010年6月26日 (土)

アネスト岩田のエアブラシ その2

どんなハンドピースでも、常によい噴霧状態をキープするためには使用後の分解洗浄が欠かせません。その際、面倒かつ細心の注意が必要なのがノズルの脱着なのですが、この『エクリプス』には大変ユニークな特徴があります。それは「ドロップインノズル」という構造です。
Img_3157
先にニードルを抜いてから(と言いつつ、しっかり抜き忘れてますね、絶対ダメです)、ノズルキャップを外します。
先端のノズル内を洗浄するためには、ノズルを外さなければいけません。それには普通は付属のスパナを使うのですが、これが少々面倒です。また、取り付けの際に締めすぎるとネジ山を傷めますし、逆に締め付けが足りないとエアーが逆流してしまいます。

Img_3162
エクリプスの場合は、ここから・・・





Img_3163
指でつまんで・・・





Img_3164
引っこ抜くだけで、ノズルが外れてしまいます。つまり、はめ込み式ノズルなのです。




Img_3161
ただはめ込むだけなので、当然ネジ山はありません。そして、反対側をノズルキャップで同様に押さえています。これだけでピタッと密着してエアーが逆流することもないのです。私は技術屋ではありませんからよくは分かりませんが、高い加工精度が要求されるのではないでしょうか。

この構造のおかげで、ノズルの洗浄が苦になりません。使用後は必ず洗いますし、使用中に目詰まりを起こしてしまったときも手早く洗えます。

Img_3165
ノズルキャップは3分割になっています。
このうち、一番根元(写真右端)の部品をよく見ると、ノズルが通る中心の穴の周りに、小さい穴が3ヶ所開いています。


Img_3177_2
こんな感じで、もちろん貫通しています。これは、エアーの吹き出し口なのです。
このように、ノズルを包み込むようにエアーが出るので、ノズルの周囲に均等に負圧がかかって噴霧の粒子が細かくなり、また風流の収束もよいので飛散が少ないのでしょう。

先にも書きましたが、これでもこのメーカーの中級機種なのです。定価も1万円程度で、他メーカーと比べて特に高価というわけでもありません。
ANEST IWATAアネスト岩田 HP-SBSエクリプス・エアーブラシHP-SBS(0.3mm口径・容器1.5ml・サイドボトル)MEDEA アネスト岩田キャンベル CAMPBELL エアブラシ ANEST IWATAアネスト岩田 HP-SBSエクリプス・エアーブラシHP-SBS(0.3mm口径・容器1.5ml・サイドボトル)MEDEA アネスト岩田キャンベル CAMPBELL エアブラシ

となれば、上級機や1本3万円もする最高機種ならどんなものなのか、大変に興味深いです。ちなみに、最高機種の『カスタムマイクロン』は、ノズルだけでも4,000円(!!!)くらいするそうです。どれほど高精度なのか、私ごときでは想像もつきません。(続く)

| | コメント (0)

2010年6月25日 (金)

アネスト岩田のエアブラシ その1

もう少しエアブラシ(ハンドピース)の話を続けます。
模型店で買える代表的なハンドピースといえば、やはりタミヤクレオスのものでしょうね。あとはウェーブなどからも発売されていますし、エアテックスホルベインも有名でしょう。

Img_3112
私の愛機は、アネスト岩田の『エクリプス』という機種で、同社のラインナップ中でホビー用として推奨している中級機(←これ、重要)です。
私のは、塗料カップが横についているタイプです。

Img_3133
元々は写真右のカップが付属しているのですが、小さすぎると思ったで別売の大きいカップを一緒に買いました。

でも、この小さいカップは実は大変スグレモノなんです。
この二つのカップを見比べると、塗料の出口の高さが違いますよね? 右のカップはとても高い位置にあるので、これではカップの底のほうの塗料が流れていかないはず!?
Img_3135_2
内側を見ると、なんと出口がふさがっています!! 最初は不良品かと思いましたが、ためしに水を入れて吹いたらちゃんと吹けるのです。
メチャメチャ不思議でしたが、よ~く底を見るとどうも隙間があるようでした。恐らく、その隙間から吸い上がっていくんでしょうね。
そう思っていましたら、案の定、メーカーのブログでも紹介されてました

Img_3128
カップ横付け式は、一般的な上付き式より視界がよいですが、こうすることで取り付けたときのカップ位置が下がって、被塗装面がより一層よく見えるようにしたのではないかと思います。

Img_3138
こちらが有名な、製品一本一本についてくる、完成品検査の試し吹きをした紙です。
高級機じゃなくても、ちゃんとついてきます。


今は、この一本ですべてのエアブラシ塗装を行っています。使った感想については以前にも少しだけ書いたことがありますので、ご興味のあるかたはご一読くださると嬉しいです。(続く)

| | コメント (0)